長唄三味線 杵屋勝禄江

長唄三味線教室 邦楽教育 大阪|杵屋勝禄江

長唄三味線の初歩指導 についての提案

音楽教育における 和楽器の指導

邦楽教育ページ

指導教本のご紹介

HOME»  邦楽教育ページ/B)演奏のVTR目録

邦楽教育ページ/B)演奏のVTR目録

今月の映像記録をご紹介しています。
こちらの映像は毎月更新されます。

紹介ビデオを 演奏のVTR目録 御覧頂くにはWindows Media Playerが必要です。

 

3月度の映像記録
タイトル:元禄花見踊り
3分56秒 6.5MB
同ページ内の曲解説へ>>

 

演奏のVTR目録

 

年度 C D 曲名
内  容
平成2年 1 ずいずいずっころばし
童歌に乗せて、身の回りにある、ありったけの打楽器を使った。
メロディーの止まったところのソロは、楽器の音色にふさわしいリズムを子ども達が考えた。
2 荒城の月
秋の風情や、さみしい城跡で過ぎた栄華をしのぶ気持ちを表そうと、小筆の竹で擬音用の虫笛を作って使った。

3年
3 さくら
お花見の一日を表現した。春の日の夜明け、朝の光にひらひらと舞う桜。
うきうきと楽しく花見に出かける気分を三拍子で。夜桜見物での花への名残惜しさを、六段のメロディーを重ねて演奏している。
4 あんたがたどこさ
ナウいリズムでやってみたいと、歌をアフタービートで歌ってみた。
打楽器は後で聞いてみると、チンドン屋さんのようだった。
4年 5 構成曲「雨」
長唄「夜の雨」で始まり、「五月雨」の前弾きをバックに童謡「雨」のメロディーを重ね、雨の日のうっとうしい気分。やがて嵐の場面では、長唄「雨の四季」。雨上がりには再び長唄「夜の雨」の冒頭三味線のみの伴奏で斉唱した。
6 越後獅子
できるだけ原曲に忠実にを目標に、奏法の難しい所は色々な楽器で
助け合った。
初めて締太鼓を使い、リズムは長唄の囃子そのままを使っている。
5年 7 ~春のやよいのあけぼのに~越天楽
雅楽「平調越天楽」のそっくり演奏を目指した。楽琵琶には三味線を、笙や篳篥には鍵盤ハーモニカを代わりに使う。
本当にそっくりな演奏が出来た。
8 元禄花見踊り
よく知られた長唄「元禄花見踊り」のメロディーを中心に、
囃子の早渡りや狂言鞨鼓のリズムも取り入れ、
能管の代わりにソプラニーノリコーダーを使った。
6年 9 ずいずいずっころばし
この曲は練習が楽しく、人気がある。ソロのリズムは、改めて子ども達が創作したので前回と違っている。
10 勧進帳
芝居の前ぶれの太鼓に始まり、「旅の衣は・・」の謡がかり。
寄せの合方、舞の合方。最後は、六法で花道を引っ込む場面を囃子のみで演奏している。
7年 11 京鹿小娘道成寺
まりつき歌「道成寺」の輪唱を頭声発声で歌い、それに長唄のメロディーを重ねた。途中調子が変わるところは二種類の三味線を使って弾き分けた。
8年 12 操三番叟
リズムやメロディーの繰り返しが楽しく、覚えやすかった。鼓の代わりにボンゴを使ったが、とても良く鳴り、小鼓を使ってみたいと思うようになった。
9年 13 越後獅子
以前のものを土台に、唄も一部取り入れ、小鼓・大鼓・締太鼓を使った。
10年 14 ずいずいずっころばし
打楽器に小鼓・大鼓・締太鼓を使った。調子を一音下げて三味線の天神にかかる負担を軽くした。
15 勧進帳
以前のものに小鼓・大鼓を加え、囃子のかけ声もさせてみた。
13年 16 チャルダシュ
独特の音階を箏の調子にとり、やさしく弾けるよう工夫した。

 

次へ