長唄三味線 杵屋勝禄江

長唄三味線教室 邦楽教育 大阪|杵屋勝禄江

長唄三味線の初歩指導 についての提案

音楽教育における 和楽器の指導

邦楽教育ページ

指導教本のご紹介

HOME»  長唄三味線の初歩指導についての提案/三味線の構え方

長唄三味線の初歩指導についての提案/三味線の構え方

2.基礎基本として身につけさせたい事柄と指導上の留意点、及び教材曲例

① 三味線の構え方

 三味線は、実に複雑でアクロバティックな方法により、胴を膝の上で支え、安定させている。この複雑な構え方も、順を追って印象的に行えば集団指導においてもかなりの能率を上げることが出来る。又、後で思い出して何度も繰り返すことで、より好ましい構えに近づいていくことが出来る。
 構えの善し悪しは音色や演奏技術の向上にも大いに影響するため、集団の指導にあってもひとり一人の細かいチェックが必要である。

 

正しい三味線の構えへの4段階

ステップ1 水平に持つ

・ 右手で根緒、左手で鳩胸を下から支えて持ち、棹は水平のままで胴を右膝に乗せる。
・ 隣の人に当たらないよう間隔を空けて座る。
・ この時は、まだ胴の底を膝に付けている。
・ 初心者は胴をお腹の真ん中近くに置きがちなので胴の左の端が耳の線に来るようにする。

 

ステップ2 上に向ける

・ 胴を20°~30°上に向ける。
・ この時、棹はまだ水平のままにしておく。
・ 膝と腕で胴の角を対角線ではさんで、支えることを知らせる。
・ 右手で上の角に重みをかけ、下の角が膝を押していることを自覚させる。

 

ステップ3 右腕をのせる

・ 胴の前に手のひらを左もしくはやや上を向けた状態で腕を差し出す。
・ 小指側の手首から10cmほどの所を胴の角の中程に置く。
・ 方をおろして力を抜き、胴の角に腕の重みを自然にかける。

 

ステップ4 斜めに構えて出来上がり

・ 手のひらを徐々に下に向けていきながら右手首を回し、それに従って棹を斜めに立てていく。腕と膝で胴の角を対角線ではさんで、内側に向かって
 支えていることを感じさせる。
・ 左手は棹を握りこまず、手のひらを胴の方に向け、指スリの部分で下からそっと支える。
・ 親指と人差し指で糸がつまめる状態になる。
 リラックスした状態で正しい構えをここまで出来たところで、右手首を回転させ親指や人差し指の爪でジャンジャンと自由につま弾かせてやる。
 また、左手はいつもフリーな状態にしておくようにし、指スリで棹を磨くようなつもりで左手を軽く上下させてみると良い。上手に弾いているイメージで
 十分遊ばせることにより、手首や肩の余計な力を抜かせることが出来る。

 

さらに、ひとりで「ステップ1 水平に持つ」「ステップ2 上に向ける」・・・と言わせながら何度も繰り返させ、姿勢が崩れてしまわないようにする。
 ひとり一人が繰り返している間に、教師は個人のチェックに回ってやると良い。
 個人別に「構えのチェックカード(イラスト)」を持たせて注意を促したり、良いところを褒めてやったりするのも良い方法である。また、多数の受講生の場合は複数のアシスタントを用いることも必要である。
 以後、バチを使い演奏するようになってからも、練習の合間に、時々この4ステップを行うと、リラックスした良い姿勢を回復させることができる。

 

次へ