長唄三味線 杵屋勝禄江

長唄三味線教室 邦楽教育 大阪|杵屋勝禄江

長唄三味線の初歩指導 についての提案

音楽教育における 和楽器の指導

邦楽教育ページ

指導教本のご紹介

HOME»  長唄三味線の初歩指導についての提案/バチの持ち方

長唄三味線の初歩指導についての提案/バチの持ち方

③ バチの持ち方・使い方(右手)

 バチの持ち方は長唄にあっても流儀により様々である。私は長唄独自の力強く歯切れの良い、カリッとした裏に抜ける音を求めて次のような指導を試みている。

 

バチを持つ

・ 三味線は持たずにバチだけを持たせる。
・ 右手の第一関節は全て外に向け、中に向けて折り曲げない。
・ 薬指と小指で握りを上から挟み、親指の腹はバチをしっかりはさむ。
 この時、人差し指が浮き上がらないようにする。

 

手首の動き(その1)

・ 手首を返して、バチの裏を見る。
・ うちわを持って、顔に風がくるようにあおいでいるような気持ちで、手首の回る感覚をつかませる。
・ 手首をやわらかくして、バチを振り上げ、膝をペタペタとたたく。
・ バチの動きは、バチを宙に振り上げたときに始まり、糸をはじいて皮に触れた瞬間に終わることを知らせ、弾いているときをイメージさせる。

 

手首の動き(その2)

・ 三味線を構え、開放弦のみで弾かせる。
・ 動きをコマ送りのスローモーションで行わせるために、押しバチで弾かせる。
・ 皮の上にバチ先の通り道を直線で描いておき、それをなぞらせると良い。
・ 親指と三本の指(人差し指・中指・薬指)でバチをしっかりはさみ、一の糸を押さえ込む。
・ 一・二・三の糸の順に続けて押し付けるようにはじく。
・ 弾き終わったら手首の力を抜く。
・ 手首を返してバチを振り上げ、押しバチを繰り返す。
・ 「イヤ」「ハッ」等のかけ声でバチを上げると出だしを揃えることが出来る。
・ バチ先の軌跡が三本の糸の上で滑らかに円を描く。
・ バチ先は身体に対して直角ではなく、糸に対して直角に移動する。そのため、手首の回転は、やや内側に向けねばならない。
・ 手首の回転の感触を覚える。

 

押しバチで弾く「越天楽」は、初めて三味線で弾く教材として最適!

 本来「押しバチ」は特殊なバチ使いであるが、初歩のバチ使いを丁寧に指導するのに最適ではないかと思われる。
 後になって、一音ずつのバチ使いを学んでからも、バチの方向などが乱れてきたとき、この押しバチによるバチ先の通り道を再確認することによって、より良いバチ捌きを習得できるものと考える。
 この教材では雅楽「越天楽」の楽琵琶の部分を真似てつくったもので、全て押しバチで演奏される。1小説4拍毎にポジションがかわるが、先に人差し指の押さえ方を学習しており、ゆっくりなのですぐこなせるようになる。
 また、講習も時間的にこのあたりで一区切りする頃になるので、リコーダー等と合奏すれば、第一教程のまとめとして、受講生に十分達成感を与える事が出来ると思われる。

 

開放弦の練習

 これまでのことを踏まえて、いよいよ三味線本来のバチ使いに入る。特に開放弦では長唄独特のバチの打ち込みを学ばせたい。
 一般に三味線の手ほどきを受けることを「テンテンテンから習う」と言われている。これは、三の糸の開放弦を弾く事を表している。
 しかし、バチを振り上げ、バチ先が居合い切りの如く糸を鋭く切るような感じで弾いた後、次の糸を押さえて弾き終わるという動作を学ばせるためには、押さえ込むべき次の糸が無い三の糸からではなく、一の糸を弾くことから始めるのが、妥当ではないかと考える。

  ・ 一の糸
   「イヤ」「ハッ」等のかけ声でバチを上げる。
   口三味線で「ドン」と唱えながら、二の糸を押さえ込んで終わる。
  ・ 二の糸
   口三味線で「トン」と唱えながら、三の糸を押さえ込んで終わる。
  ・ 三の糸
   口三味線で「テン」と唱えながら、もう一本糸があるつもりで弾き終わる。
  ・ 弾き終わったら手首の力を抜く。
  ・ 押しバチで学んだバチの方向や手首の動きを大切にさせる。
  ・ 手元を見ないで正面を向いたまま、三本の糸を引き分けられるように練習する。
  ・ 初めのうちはバチが糸に当たらなかったり(スカばち)、一本の糸だけに当たらずガシャンと2本以上の音が出たりするが、方の力を抜いて、
 基本的な手首やバチの動きを崩さないようにする。
  ・ バチを上げる方に重点を置き、萎縮せずおおらかな気持ちで弾く。
  ・ 正確に音を鳴らそうとするあまり、バチを振り上げず、糸にバチ先を当ててから弾くことの無いようにさせる。
   正直にバチを上げさせ、徐々に命中率を上げていくようにさせる。

 

スクイの練習

力強い音が出るようになったところで、スクイの練習もさせてしまいたい。
 耳障りの良い音でスクイを連続して行うためには、手首をリラックスさせていなければならない。スクイで良い音を作り出す工夫をさせることによって、否が応でも手首が柔らかくなっていくと考える。
  ・ 開放弦で行う。
  ・ 最初はすくわずに普通にひく。
  ・ バチを上げるとき、力を抜いて、わずかに糸に触れてみる。
  ・ 初めは時々、音が鳴る程度でよい。
  ・ 手首をリラックスさせてすくう時に決して力を込めない。
  ・ だんだんと早間でひいてみるようにする。
  ・ 後にハジキの記号と見分けができるように、譜面のスクイの記号にも馴れさせる。

 

次へ