長唄三味線 杵屋勝禄江

長唄三味線教室 邦楽教育 大阪|杵屋勝禄江

長唄三味線の初歩指導 についての提案

音楽教育における 和楽器の指導

邦楽教育ページ

指導教本のご紹介

HOME»  長唄三味線の初歩指導についての提案/手ほどき曲「明の鐘」は初歩教材としてふさわしいか

長唄三味線の初歩指導についての提案/手ほどき曲「明の鐘」は初歩教材としてふさわしいか

3.手ほどき曲「明の鐘」は初歩教材としてふさわしいか

一般的に「明の鐘」や「くろかみ」が手ほどきの曲として用いられているようである。
 これらの曲は、奥深く味わいのある曲で表現として大変難しい曲である。
しかし、長いから長唄だと言われる中で、「めりやす」とよばれ、最も短い曲である。
 調子は三下りでスクイやハジキもほとんど無くゆっくりとしたテンポの曲であるため、やさしいと思われているのであろう。小学生には三下りの「さくらさくら」がよく用いられている。
 私も、これらの曲を初めて三味線に取り組む人に教えてきたのであるが、最近になって色々と弊害が生じていることに気がつき始めた。それは、次のような事柄である。
・出だしから低い音の勘所を押さえなくてはならないため、棹を手のひらで握り込んでしまいがちである。
・ハジキが出てこないため、指を立てる必要に迫られず、指の腹で勘所を押さえがちになる。
・左手の動きがぎこちないままなのにポジションの移動が意外と激しく、どうにか弾きこなすまでに数ヶ月かかることもめずらしくない。
 そのため左手の体制が整わないままに良くないフォームでの経験を積ませることになってしまう。

 この後、次の曲として「松の緑」に取り組んだとき、初めてハジキの手が出てくる。そこで改めて左手の体制を学び直さなくてはならないのである。
この「松の緑」も「明の鐘」の次の曲としてはステップが高いのではないだろうか
 このように見てくると一般のお稽古の場合にも、「明の鐘」以前に色々なテクニックの教程が必要なのではなかと考える。
 全曲は取り組めなくても、例えば「勧進帳」の舞の合方などは弾いていて楽しくなる上に、勘所も高い音で指を立てやすく、ポジション移動やハジキ・スクイなどの要素を含んでおり初めて出会う長唄教材として、よりふさわしいと思われる。
 これまでに2.で述べた基礎基本の事柄を早い段階でしっかりと身につけさせてやれば、より良い音表現への意欲とより楽しい演奏活動と自己実現へと誘ってやれるのではないかと思うのである。

 

2.基礎基本として身につけさせたい事柄と指導上の留意点、及び教材曲例

これらの考えを基に、90分×3~4回程度のテキストと指導案を作成した。
今後は、三味線のみならず、「長唄」の唄についても、受講者にとってステップの高い部分をなるべく平坦にして、無理なく演奏技術の向上が図れるような指導法の研究、並びに教材の開発を進めていきたいと考えている。

 

次へ