長唄三味線 杵屋勝禄江

長唄三味線教室 邦楽教育 大阪|杵屋勝禄江

長唄三味線の初歩指導 についての提案

音楽教育における 和楽器の指導

邦楽教育ページ

指導教本のご紹介

HOME»  音楽教育における和楽器の指導/はじめに

音楽教育における和楽器の指導/はじめに

音楽教育における和楽器の指導

 堺市浜寺東小学校   尾 関  義 江
 これは、平成2年度堺市教育委員会より研究委託を受け奨励金を授与され、『邦楽楽器商報』一九九一・四月号より十二月号に連載、後に川向勝祥氏により『邦楽大阪パンフ版』として広く配付されました。
 この一冊により、多くの邦楽教育へ同じ思いを持つ仲間と知り合い、孤軍奮闘でない手応えを感じ、勇気を持って進んでくることが出来ました。
 ここに改めて、川向勝祥氏に感謝の意を表したいと思います。

 

はじめに

 「子どもたちに日本のメロディを。ふるさとの調をふるさとの楽器で。」との願いから、音楽クラブの活動に、「和楽器」を取り入れ始めて、十年余りになる。難しい理屈はぬきで、子どもとともに、楽しみながら活動してきた。
であるから、このたびの学習指導要領の改訂で、「伝統音楽の重視」「和楽器の取り扱い」「楽曲に応じた発声」などが明示されたときには、驚きと興奮を感じずにはいられなかった。
 全国の、邦楽を愛する人々の願いが、今、叶えられようとしているのである。
私は、邦楽や和楽器を、公教育の中で定着させていくことは、日本人としての責務であると考える。
 もちろん、邦楽が、これまでの西洋音楽大系による教育音楽に、全面的に取って代るものでは、決してないと思われる。しかし、教育音楽が、邦楽について、腰を据えて取り組んでいかねばならないときが、来ているのではないかと思う。

 

新指導要領の内容についての考察

1、日本の伝統音楽の重視

 子どもたちに、日本古来の音楽の美しさや楽しさを味わわせ、我が国の文化や伝統を愛する気持を育てていくことは、世界の中の日本人を育てるうえでも、大切なことである。
 このことについて、新学習指導要領においても、我が国の伝統音楽重視の方向が、大きくうち出された。そして、内容の取り扱いとして次のようなことが示された。
○和楽器が、鑑賞領域のみに留まらず、表現領域においても取り扱うこと。
○発声の指導についても楽曲に応じて工夫すること。
○日本の古謡や、地方に伝承されているわらべうたなどを取り上げていくこと。

 

2、「日本の音」による表現活動の重要性

 明治以降の、西洋音楽による音楽教育の功績が、大きなものであることは、誰もが否定できない。コーラス、リコーダー、ブラスバンド、オーケストラなど、みんな、すばらしい音である。
 しかし、我が国の音楽教育とは、子どもたちの教室から、これら西洋の音と同じように、いろいろな和楽器の響きや、日本人固有の歌声が流れ出ることこそ、本来の姿であると言えるのではないだろうか。
 音楽教育で「日本の音」を取り上げていこうとする動きは、戦後の数次にわたる、学習指導要領の改訂のたびに、少しづつ邦楽曲を共通教材として指定したことに見ることができる。しかし、指導にあたる教師の、邦楽面における経験不足から、表現領域における日本の音が登場することは、まず、なかったのではないだろうか。
 自国の音楽の尊重は、授業の大半を占める表現領域に「自国の生の音」を登場させることによって、初めて具体化していけるのではないだろうか。それによって、鑑賞領域との関連も密になり、表現と鑑賞は表裏一体であるという考え方も実証されるのではないかと考える。
 「日本の音」それは「和楽器」であり、今、その活用をはかっていくことが、音楽科の最も大きな課題ではないだろうか。

 

3、和楽器の有用性

○情操教育、音楽の生活化、生涯音楽につながるものとして
 和楽器は、高齢者から幼児までが、現実に演奏しており、日本人の情操を高める生涯の楽器として、用いられ続けていること。また日常生活や地域
 行事の中で長年にわたって活躍している。
○個性を生かす教育として
 生来、日本人は邦楽的感覚を持っているはずである。西洋音楽感覚と共に、それを引き出し、伸ばしていくことは、音楽教育の基本課題である。
○現代音楽の一翼を担う楽器として。
 日本人作曲家も、世界の作曲界も和楽器や東洋の楽器に注目し、作品化している。もはや、和楽器は、現代音楽にとって、なくてはならない存在で
 ある。
○創造的表現活動の素材として。
 音楽教育にとって新しいこの音素材は、子どもたちに潜在すると思われる、邦楽的感覚によって、日本音楽の新しい世界をつくり出していくであろう。
○国際交流に、欠かせないものとして。
 自国の文化や伝統を理解することこそ、国際理解の出発点である。
 自らの音や音楽を持つことは、国際人として必要なことである。
 (以上、『音楽教育の邦楽分野充実のための趣意書』より)

 

私は、この十年間に、音楽クラブで「和楽器」を指導しながら、長唄を通して邦楽を学んできた。そこで経験した様々な困難や失敗と、幼いころからの音楽体験から、「和楽器」を「授業」にという、音楽教育の土俵にのせるために、どんなことが必要なのかを考えてみたいと思う。そしてそれが、多くの先生方が「和楽器」や「邦楽」に取り組むために、少しでも役に立てば、と思い、筆をとった次第である。

 

次へ